×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パチンコ店でのアルバイト

求人誌でもよく見かけるアルバイトに、パチンコ店でのアルバイトがあります。巨大なレジャー産業ともいえるパチンコ店は市場規模30億円にも達します。今全国のパチンコ店の店舗数は15,000以上です。ピーク時に比べると参加人口は減少傾向にはありますが、他の業種に比べるとアルバイトの求人も多くあります。学生や体力に自信のある男性に人気があるのが、このパチンコ店でのアルバイトです。

他のアルバイトに比べると時給も良いようです。時給や勤務時間は様々で、パチンコ店の店舗でそれそれの雰囲気によってバイトの内容ややりやすさもかなり違いがあります。パチンコ店でのアルバイトの経験があっても、別な店舗で仕事を始めるといろいろ戸惑う事も少なくないようです。パチンコ店でのアルバイトといっても時給や勤務時間、仕事内容などは様々です。

なかなか働く環境をアルバイト情報誌などから把握することはできないでしょう。仕事を効率よく探すためには、インターネットの求人サイトの中のパチンコ業界の仕事のみ募集をしているものや、パチンコ店のホームページのアルバイト募集に登録してみるのもひとつの方法です。

地元のパチンコ店ならば実際に行ってみて、タバコの煙や大音響の室内はどれほどなのかを実感してみることもいいでしょう。タバコの煙や騒音は店舗ごとにかなり違います。現地の状況を確認したうえで、パチンコ店でのアルバイトを決めると良いでしょう。

関連サイト


エキストラのバイトの注意点

いくつかの注意点はエキストラのバイトにはあります。エキストラのアルバイトをしていて、危険な目にあうことはほとんどないようです。けれど、今まで撮影中の事故にエキストラが巻き込まれたことが無かったわけではありません。エキストラのバイトの注意点として現地の環境は実際にアルバイトを行ってみなければわかりません。

屋内のスタジオでも、雑然と安定の悪い大道具や機械類が置かれていたりします。また足場の悪いセットもあります。ある程度注意しないと、バイト中に事故やケガが起りうることは、エキストラのアルバイトをする場合には間違いないでしょう。撮影のときは、実際の季節とは全く違う設定の撮影をすること珍しくないのが、エキストラのバイトです。

エキストラの仕事では、屋外で長時間寒い中夏の格好で待機したり、逆に真夏に冬の格好で撮影したりすることがよくあることなのです。エキストラのバイトをするときは、自分で工夫して撮影環境に耐えられるようにしましょう。そして自分の健康は自分で管理するように心がけましょう。

大道具がぶつかりそうなタイミングで通行を指示されたり、足場の不安定な場所に立たされたりすることも、エキストラのアルバイトでの注意点です。エキストラのバイトに無理なことをさせてトラブルがおきると、ダメージを作品そのものに与えることになってしまいます。できないことはできないと、はっきり断ることもエキストラのバイトをする上では大切なことです。


リンク集1
リンク集2
Copyright © 2008 いろいろなバイト(2) All rights reserved.
- ホームページSOS -